医療機関との提携とあなたにできること

心理カウンセラーの資格のメリットってなに?

医療機関との提携とあなたにできること

心理カウンセラー、臨床心理士としてクライエントを支えるのにも限界があるときもあるし、ときには精神科、そして心療内科の医師と二人三脚で治療を進めるケースもあります。薬などの投与の権限は、臨床心理士さえもっていないので、それは医療機関に頼むことになります。

 

臨床心理士のクリニックと、医療クリニックが提携していたり、お互いが患者を紹介し合うというのはよくあることです。ときには相乗効果で患者さんやクライエントが早く治療できたり、両方のアプローチによって気になる症状が早く緩解できたりするためです。

 

もちろん医療機関に通うのを酷く警戒するクライエントや、医療機関に相談しているのに、心理カウンセラーに任せるなんてどういうこと、と不信感をもって通院、又はクリニックに来る患者さん、クライエントもいるかもしれませんが、その人には双方のアプローチが効果的であることをしっかり納得させるのは、心理カウンセラーの仕事です。

 

だれでも健康であれば、社会生活を送るのはそう難しいことではありません。でもそれが上手くできなくなっているから通院、またはクリニック通いをしている訳で、その問題はカウンセリングだけでは解決できない状態になっているケース、すでに鬱やパニック障害などを発症していることもあります。

 

本当に危険な状態にある人は、適切な服薬によって治療しないと最悪の結果を招くことになるので、その見極めは、心理カウンセラーにとってはひとつの大きな役割となっています。


ホーム RSS購読 サイトマップ